内容による弁護士への費用

法律的な手続きが必要になる依頼内容の場合には、弁護士に対する費用はある程度大きくなる傾向があります。一方で、単純な法律相談のみを行う場合にはそれほど大きな金額を支払う必要はありません。そもそも、法律家に対する法律相談に関する料金は、規約によって一定料金に決められており、相場としては30分で5000円の相場と決められています。これは、相談内容にかかわりなく時間によって料金が設定されています。そのため、弁護士への相談内容が法律的にどれだけ複雑であったとしても、それを30分にまとめることが出来れば一律5000円の費用のみで問題を解決することが可能です。これは、法律家に対する相談全般で言えることであるため覚えておくことです。基本的に、法律的な手続きを行う際には事務手続きに必要な諸経費が多くなるので、それだけ料金が高くなります。例えば、裁判所に対して何らかの書類を提出しなくてはならない場合には、その書類を審査する裁判所側への費用も弁護士に対して支払う必要がありますので、法律的な手続きがある場合には料金の相場が高くなります。一方で、弁護士への単純な話だけで終わる場合にはこのようなことは必要ないので、例外なく料金は安いのです。

↑PAGE TOP